EAで楽ラクLife

自作EA制作ブログです。FXは、『ほったらかしが一番いい!』少ない資金で「億トレ」」を目指す!

EAで楽ラクLife

雲の人生勝ち逃げポートフォリオ

※この記事は、2021年1月3日に更新しています(ビットコピー関連の記事追加)

こんにちは、雲です。

私が運用しているEA、またはコピートレードの紹介です。良さそうなEA、またはそれ以外の投資方法があれば、今後も増やしていく予定です。

『ビリオボット』 自作EA

『Past Current System』 ゴゴジャンで購入したEA

『ビットコピー』ビットコインのコピートレード

 

 

①『ビリオボット』自作EA

f:id:kumo19:20200725233353j:plain

  • 通貨ペア        USD/JPY
  • 時間足         15分
  • 最大ポジション数    1
  • プロフィットファクタ  1.20
  • 週末決算        あり
  • 複利機能        あり

2005年~2019年の収支グラフ👇f:id:kumo19:20200726111857p:plain

『ビリオボット』の詳しいパフォーマンス【自作EA】少ない資金で「億」を目指すEA『ビリオボット』無料デモ用EAダウンロードの記事で説明しています。

 【特徴】
こちらは自作のEAです。特徴としては、EAではめずらしい損小利大型のEAになります。リスクリワードは1:3ですべてのトレードがだいたいこの比率になっています。

トレードルールとして損小利大は、優位性のあるロジックとして広く認知されていますが、多くのEAは損切を深く設定して勝率を上げているものがほとんどです。もちろん、それが悪いというわけではありませんが、このEAでは、すでに評価が高い王道のロジックを採用しています。ビリオボットは自分で使う為に作ったものなので、あくまで長期運用に耐えれることに重きをおいています。

また、バックテストとフォアードテストの売買タイミングはほぼ同じなので、バックテストで得た優位性の再現性は非常に高いと言えます。

このEAは、動く兆しが来たらすぐにのっかるという手法をとっています。なので、うまくいけば初動でのることができ大きく稼ぐことができます。ですが、その代償として損切になることが多いです。ボラの小さなレンジに入るとどうしても損切を連発してしまいます。長期グラフで見るとしっかりと右肩上がりになっていますが、1年単位で見ると、損益の波がけっこう激しいです。なのでそういうEAだと割り切って利用する必要があります。

 

②『Past Current System』購入EA

f:id:kumo19:20200725233410j:plain

  • 通貨ペア        USD/JPY
  • 時間足         5分
  • 最大ポジション数    1~2で変更可能
  • プロフィットファクタ  1.31
  • 週末決算        あり
  • 複利機能        あり

2005年~2019年の収支グラフ👇f:id:kumo19:20200726100443p:plain

『Past Current System』の詳しいパフォーマンスは【FX自動売買】高利益+安定性のS級EA!『Past Current System』おすすめ!の記事で説明しています。

 【特徴】
最大の特徴は、高い利益率でありながらも比較的ドローダウンが少ないということです。2007年に一度だけ大き目のドローダウンがありましたが、それ以外ではほとんど低めのドローダウンでおさまっています。非常に安定感のあるEAで、年単位でのマイナス収支はありません。

特質すべきは、多くのEAがマイナス収支に落ち込んだ2019年をプラスで乗り切ったことです。2019年のドル円は非常にボラの小さいレンジが続いて、それまで好調だったEAでさえも、大きく引かされてしまった年でした。ここをプラスで乗り切ったことは、EAとしてポテンシャルの高さを証明できたと思います。

ロジックとしては、トレンド方向に従って押し戻りでエントリー、小さな利益をコツコツ重ねていきます。ですが、勝率が65%ほどありますので、必然的に損失金額の方が大きくなります。ややコツコツドカンタイプなので、そういう意識をもって運用する必要があります。

それとひとつ注意点があります。このEAは、朝一でエントリーすることがしばしばありますが、朝一はスプレッドが広がりやすいので、時にはエントリーできないことがあります。その分がバックテストとリアルトレードの損益にズレがでてきます。だからといって、かならず不利に働くというわけではありませんので、大きな問題というわけではありませんが、一応、頭に入れておいた方がいいです。場合によっては、マックススプレッド値の変更が必要になるかもしれません。

 

EAを利用する注意点

EAは種類がたくさんあるし、パフォーマンスを示す値がバラバラで比較しにくかったりするので、どのEAを選んでいいのか分からないという人が多いと思います。そういう方は【FX自動売買】EAとは?絶対やった方がいい最強のツール!EAの選び方・稼ぐための必勝法!の記事の中で、EAの選び方を説明していますので、参考にしてみて下さい。

EAは5年、10年と長期で運用することを前提で考えないといけません。これはEAに限らず投資全般、あるいはすべてにおいて同じことが言えます。ですが、数か月とか1年以内の利用で早々と判断する方が多いように思えます。最低でもバックテストの最大ドローダウン分は様子を見る必要があります。長期目線で運用することがいかに重要かは、【FX自動売買】EAで勝てる?勝てない?で詳しく説明していますので、ぜひ読んでみて下さい。

いつロジックにマッチして爆益が来るかは誰にも分りません。なので待つというのは必須です。もちろん、待ったからといってかならず稼げるかは分かりませんし、結局資金がショートしてしまうことも十分あり得ます。ですが、そのリスクをとって待つという選択をしないと稼げるものも稼げません。

さほどドローダウンもなく、まっすぐ右斜め上45度の利益が確実にくるEAがあるなら誰でもやるし、誰でも億万長者になれてしまいます。けしてそういうわけではありませんので、資金が減っていくのは辛いと思いますが、大きく稼ぎたいと思うのなら、やはり長く続ける覚悟でのぞんだ方がいいと思います。

 

③ビットコピー

f:id:kumo19:20210103001605j:plain

ビットコピーとは、ビットコインのコピートレードになります。多数いるトレーダーの中から選択したトレーダーの売買を、自分の口座にそのまま反映させるものです。

ビットコピーの詳細ついては、ビットコインのコピートレード『ビットコピー』の記事で説明していますので、よかったら参考にして下さい。

 

f:id:kumo19:20210103083913j:plain上のチャート👆は2021年1月3日時点のビットコイン/円の週足チャートです。まずビットコインについてなんですが、2020年の9月あたりから猛烈に急上昇中で、先月のはじめぐらいに、バブルの高値を抜くかどうかなんて騒がれていましたが、あっさり抜いて1ヶ月ぐらいで130万円ほど一気に上昇しました。現在の上昇は2017年のバブルとは違って、ビットコインが今後世界的にポピュラーな資産になっていくことを示唆した動きだと言われていますので、今後数年は上昇トレンドが続くことが予想されます。現在1ビットコインが330万円ほどですが、数年後には1ビットコインが数千万円から1億円、またはそれ以上あがるとさえ言えれていますので、まだまだ序の口です。

法定通貨が一ヶ月たらずで130万円も上がるなんてことはありえませんよね。10円変動すだけでも大変な動きなのに、ボラがどうとかそんなレベルではありません。なのでトレードしなくても、ビットコインをもっていさえすれば、資産が何十倍、何百倍にも膨れ上がるチャンスがあります。実際、私が1週間ちょっと前に買って放置しているビットコインは、35%ほど増えています。さらにレバレッジをきかせてトレードするならば、資産は指数関数的増えていくことが容易に推測できます。

ビットコピーなら、プロのトレードをまるまる自分の口座にコピーできますので、自分がPCに張り付いていなくても24時間勝手にトレードしてくれます。しかもビットコピー自体は無料で使えます(取引所の手数料はかかる)ので、安心して気楽に始めることができます。

ちなみに私は、2020年の12月から参入しているのですが、あるトレーダーさんのフォローをはじめると、なんと1週間もしないうちに資金が50%増えました(笑)。しかもトレーダさんよりもリスクをおさえたlot数で設定しているのにもかかわらずにです。取引lot数は自分好みで自由に設定できますので、リスク管理の面でも安心して利用できると思います。

ビットコインの投資に関しては、今後二度とないぐらいのチャンス相場になると予想されますので、トレードしなくても、とりあえず少しでもいいのでビットコインを持っておいた方がいいのかなと思います。

 

 

/*h3をh2に変更するプログラム*/